FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私に彼氏が出来て、それからというもの。

すぐ更新をサボってしまう癖、
さすがになおしたほうがいいと思う。

勿論思うだけである。

実行できない女、それがちあき、私だ。


私のモットーは

「思いついたら即オナニー」

なのであるが、
ブログはそうはいかない。

そう。
その理由はひとつだ。

パソコン起動するのがめんどくさい


よし、がんばるんだ私は。

実は更新したのには理由がある。

プップクプーさんという方に
ブログを紹介して頂いたからである。

その記事がコレだ。

プップクプーさん、こんな卑猥なブログをありがとうございます。




さて、本題に戻るとしよう。


実は私、彼氏が出来たのである。

そう。それは2月21日。
忘れられない日である。


天気は確か晴れだったような雨だったような。
あまり覚えていないのだが、
そんな感じの日だ。


仲の良い友人だった彼とご飯を食べに行った。
確かハンバーグだったような気がする。

彼は笑顔が素敵で、彼の笑顔を見ると私も笑顔になる。


帰り道のこと。



「ねーちあき。今彼氏いんの?」


「ううん、いないよー」


文字で書くとマンネリした夫婦のように淡白な返答をしてはいるが、
私の股間はじゃなかった心はドキドキが止まらないそしてロマンティックも止まらない状態である。



「ねー、付き合おっか?」


この言葉を聞いた瞬間、
私の脳内にある言葉がよぎった。


―――ヘンリーのお父さん


脳内に浮かんだ言葉を打ち消し、



「うん///」


乙女な対応をそつなくこなす。


そう。
めでたく彼氏が出来た瞬間である。



その夜。


友人から彼氏へと変わった彼の横顔をチラチラ見ながら、
まるで変質者のようにチラチラ見ながら、
私の脳内はセッ○スでいっぱいであった。


しかし彼は言う。



「なんか照れるwとりあえず家に送るね!」


求めてない。
私はそんな純粋な少年のような言葉を求めてはいないのだ。


「ホテル行こっか?」

「うん///」


こうじゃないのか?

これが今流行りの草食男子なのか?

彼のボーダーのインナーをチラ見しながら、
シマウマという言葉を思い浮かべた。



「んー、もうちょっと一緒にいたいかな///」

そっと左手を握る私。
肉食なちあきが顔を出した瞬間だ。



そして居酒屋に行き、
お酒で勢いをつけさせる事に成功し、
まんまとホテルに連れ込む。



「一緒にお風呂入る?」


「恥ずかしいから先に入って///」


ここにきても尚、乙女の対応は忘れない。


お風呂から彼が上がる。

はだけた胸元がセクシーはわわ///

という気持ちを抑え私もお風呂に入る。







いい雰囲気になる二人。








頬を赤らめ、全てに身をゆだねる覚悟をする私。








湿る股間。















彼は未だに私を抱いていない。



ちあき


↓twitter始めました↓
twitter


↓抱いて↓
早く抱いてRanking

妹のオナニーと衝撃の事実(続き)

これの続き

モゾモゾと布団の中で蠢き、

快楽をむさぼる妹を眼前にし、

私は衝撃の事実に遭遇してしまう。


妹の儀式(オナ)を邪魔したいという心を持っているわけではなく、

以前邪魔をされ、親にも密告されるという恨み、

ここで晴らすべきだと思った。

わけでもない。


ただ、目撃し、感想を述べさせたいだけなのだ。



遂に私は実行した。


―――コンコン

と扉をノックし、

「どうしたのー?」

と緩む顔を抑えながら声を掛ける。


そう言うと同時に、

先ほどまでの布団の動きは止まる。

勿論声も収まる。


妹の部屋は静寂へ包まれ、

何とも言えない空気が流れる。



すると静かに妹が言った。

「お姉ちゃん、ごめん今一人じゃないから」



その日、静かに枕を濡らした事は言うまでもない。





ちあき



↓twitter始めました↓
twitter


↓同情そして↓
共に枕を濡らしてRanking

妹のオナニーと衝撃の事実

私がオナってる事を散々罵倒した挙句、

否定していた妹。


そんな妹の現場に、

遭遇するとは夢にも思わなかった。


……。


その日、私はいつものように儀式(オナ)に耽っていた。

冷やされた供(前々々回のブログ参照)に、

快感をもたらされ余韻に浸っていたのだ。


何も考えず、快楽の頂に登ったままベッドで横になっていると、

隣から鳩の鳴くような小さな声が聞こえた。


「んっ……んっ……」


かなり小さい声なのと、

余韻に浸っていたため、

初めは意識すらしていなかった。


しかし正気を取り戻すと、

その声が気になりだす。


「んっ……はぁっ……」


小さいが、確実に聞こえてくる。

普通、妹がオナっているなど到底考えないであろうが、

そこはちあき。

オナニストである。


「(儀式だ!!!)」


心の中でそう叫ぶと、

声のほうに意識を集中させる。


……。


声は止まない。

いやむしろ大きくなってきている。


私は悩んだ。


ベランダから進入し、静かに覗く。

または、

堂々と部屋の扉を空け、「やってるね!」と声を掛ける。



世の中にはこの2択しかない。



かなり難しい判断ではあったが、

妹の儀式が終わる前に決断しなければならない。


私は即決した。


扉を少しだけ開けて覗いてみようと。


ちなみにベランダは、私の部屋から続いていないので、

飛び移らなければいけないという危険があるのでやめておいた。

儀式の後で足が地に着いていないのも原因のひとつである。



私はゆっくりと妹の部屋の扉へ近づく。

妹は私の動きにまったく気付いておらず、

声は先ほどよりも大きくなっている。

これはフィニッシュが近い。

一刻も早く突入しなければならない!!


少しだけ扉を開け、

ベッドのあるほうを覗き見る。

被せられた布団が、モゾモゾと動いている。

これはもう、間違いない。


声を掛けようとしたそのとき、

私は衝撃の事実に気付いてしまった。





続く。



↓twitter始めました↓
twitter


↓目指せ1位↓
何となくRanking

似顔絵

似顔絵描いてもらった。

似顔絵


友人曰く、かなり似ているらしい。

もう少し乳を強調して欲しいと伝えたが、

嘘は描けないとの事である。


仕方ない。

無いものは無いのだ。


大きくなあれ。

大きくなあれ。



あぁ…

乳よ…

どうか私に力を…



ちあき



↓Eカップくらいに憧れる↓
そんな私はBカップRanking

twitter

デビューしてみた。

オナニストたるもの、

日々のオナり具合をつぶやく事も大切と考える。

グローバルに物事を考える事は必要だから。

https://twitter.com/c_chiaki_55

というわけでフォローしてくれたら、

私の赤裸々な日常が丸見えになる事であろう。

勿論、18歳未満はダメです。


ちあき
プロフィール

オナニストちあき

Author:オナニストちあき
オナニーを極めたい。
オナニー歴15年、今年ハタチの女子大生です。
女性のオナニーはいやらしくない。
むしろもっとしたほうがいい。
そう思いながらブログを書いているとかいないとか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。