FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れもしないあの日。

そう。

パスワードを忘れた女、ちあきである。

あーそろそろ更新しよーかなー

くらいの気持ちでパソコンの前に座る私。
しかし、いくら探してもパスワードが無いのだ。

どのフォルダを見ても一切無いのである。

仕方無い、そう自分に言い聞かせ、
私はひたすらエロ動画を見る毎日を過ごしていた。


さて本題に入る。


今朝の事。

妹と二人で朝ごはんを食べていると、
突然妹が呟いた。


「お姉ちゃん、私結婚するかも」







…。



……。



………。




衝撃である。



姉の私を差し置き、
まだ二十歳そこそこの小娘が結婚だというのか?

おかしい。
世の中は少子化ではないのか?

男は草食になり、
リアルの世界の女の肉体を求めず、
肉食女子がはびこり、
私のように乙女の心を忘れない、
そんな大和撫子が求められる時代ではないのか?

この際言わせてもらう。
消費税増税は厳しいのである!!

そう!!
貧困にあえぎ!!
貧乳にあえぎ!!
夜はオナりながらあえぎ!!!!

おっと、また悪い癖が出てしまったようである。



ともかく。

妹の唐突な告白に動揺した私は、

「へぇぇぇぇ!!あんたみたいな女を好きになる人もいるんだね!!」

と、まさに負け犬フラグ満載の言葉を口走ってしまった。



しかしそこは我が妹である。

「お姉ちゃんみたいに毎日鏡の前でおっぱい揉みながら、
死人みたいな顔して大きくなあれってブツブツ言ってる女に言われたくないし」











彼女は全て見ていたのだ。
しかも誰かに説明するようなこの言い草。

尊敬にすら値する。




実は、常々悩んでいる事がある。
そう。どうして私の乳は育たないのだろうかと。

あまりに理不尽な話である。
妹はそこそこでかい。
母はむしろでかい。
父は最近影が薄い。

何故この巨乳遺伝の中、
こうも貧弱なものになってしまったのであろうか。

女の武器であるべき乳は、
もはや赤子レベルの武力しか備わっていない。

そうそれは、名探偵コナンを見ながら、

「蘭ちゃん乳でかいよね」

と思うのが最近の日課になっているくらいだ。






らーーーーーーーーーーーーーん!!!!




とか叫ばれたいよね。





あ、私ちあきだった。

合コンにいったときの話の続き。

前回の続き。


いよいよ、合コンと言う名の戦いの火蓋は切って落とされる。




戦場は居酒屋であった。


戦士たちは各々戦仕度を怠らず、
華やかに彩られ戦場に集まった。

そう。

ちあきという一人の戦士を除いて。


女戦士まみは、豪傑の名にふさわしく、
大きな乳房を谷間という武器に変えていた。

難しく書いてしまったが、
要するに谷間やばい。
って事である。


そして問題は日頃おとなしい奥手女子、
あいちゃんである。

あいちゃんの笑顔を見て生きて帰った男はいないと言われ、
細いのに巨乳、最強と言われる八重歯を駆使し、
圧倒的な力で世の男共を駆逐してるのである。

そのおとなしく奥手なはずのあいちゃんではあるが、
今回ばかりは気合の入りようが違った。
理由はわからない。

戦士として、譲れない何かがあったのだろうか。

ふわっとした短めのスカートから見える、
白く、細くてスラりと伸びる脚。

思わず、
「あいちゃんの脚って蛍光灯みたいだね」
と言ってしまったら無視された。

しかし脚なぞ序の口なのだ。
何と言ってもその乳である。

あれだけいつもは控えめな乳だが、
白いシャツのボタンがはじけ飛びそうになっている。
あいちゃんはどう考えても乳のサイズを考慮していない。

ボタンとボタンの隙間から、
桜色のブラが見えているではないか。
まるで咲きかけの桜を見ているようだ。

いやいや、こんなところで花見なんかしている場合ではない。

だが3人の男たちはもう、
2人の大きく実った果実に目は釘付け、
妄想と股間を膨らませているのである。


ここで忘れてはいけないのがそう、
ちあきである。


入念に手入れをした、
まっすぐ、そして真っ黒の長い髪の毛。

枝毛がある。


さらに前日に気合を入れ、
乙女らしく花を彩ったネイル。

割れている。


このあたりはまだいい。
そう。

乳だ。

問題は乳なのだ。


先に紹介した2人の圧倒的戦力に比べ、
私の戦力はあまりに低い。

現代のアメリカ全軍に木の棒で立ち向かう如くだ。

確かに「平ら」という上では勝ち目はある。
平らというネタで戦場を和ませる事ができれば、
それは「平和」である。


そんなわけのわからない事を考えていると、
ドリンクが運ばれてきた。

男たちは大兵力を前に既に幸福、いや、降伏寸前だ。
股間からは白旗が今にも出てきそうである。

あら、ちあきってばはしたない///


取り乱してしまった。

6人の戦士たちは、グラスを高々と掲げ、
戦いの合図を打ち鳴らした。






「かんぱーい!!!!!」







疲れたので続く。








ちあき



・twitterもやってます。
ちあきニスト

・ランキングも参加してます。
Rankingぽちよろです。

前回の続きを書く前に。

変なメールがきたので紹介しちゃおうと思う。

==============================================================
広告掲載を私のスペシャルなオナ日課 管理人様のサイトにお願いできませんか?
私のスペシャルなオナ日課 管理人様


はじめまして!
突然のご連絡、申し訳ございません。
株式会社ウェスポーランドの小畠と申します。


弊社サイトと管理人様のサイトの相性が合いそうだったので
広告掲載のお願いでご連絡させていただきました^^


私どもの会社では、婚活支援サイトを運営しており、
貴サイト様以外にも、現在200社弱程度のサイト様と
月極広告契約や年間契約を結んでおり、700社以上の広告契約の実績がございます。


弊社は世にあるような「騙し」や「いいかげんな」講座を行う会社ではございません。
ナンパテクニック等の制作しておりますが「中身のある」商品です。


広告掲載の件、ご相談可能かメールにてご連絡いただけますでしょうか?


ご返信いただく際にはお手数ながら運営されている
サイト名
サイトURL
を表記の上、ご返信下さいませ。
サイト名・URLのみの返信でもかまいません。


料金算出の際に必要なため
直近1か月のアクセス解析のキャプチャ画像も
お送りいただければと思います。

もし解析が無い場合はご相談下さい。


前向きにご検討いただけますようお願いいたします。
それでは今後ともよろしくお願いいたします^^


株式会社ウェスポーランド 小畠

==============================================================

既に色んなブログで晒されてました。
良い会社なのか悪い会社なのか、
乙女なちあきには判断はできません。

ただ

私のサイトとナンパテクニック

どう相性良いのかがわからない。


私は思う。

イケメンよ、ナンパしてくれ。







ちあき

小さいのがいい、っていうのは褒め言葉じゃなく励ましにしか聞こえない。

乳は大きいほうがいい。

魅力が違う。

女の私ですらそう思うのだ。
スケベな男性は間違いなく思っているだろう。



先日合コンに行ったときの事だ。

3対3の合コンだった。
バスケで言うスリーオンスリーだ。

バスケは知らないが。


ここでメンバー紹介をしておこう。


まず女子。


■まみちゃん
超エロ。
頭の中はエロで出来ていると言っても過言ではない。

見た目は石原さ○みが茶髪になったような、
どちらかというと清楚な雰囲気だが、
巨乳(Fカップ)で肉食女子である。

この女にかかれば男は2秒で落ちる。
男なんかまみちゃんの前では、
ずっと↑キーを押したままのテトリス状態である。

最近彼氏に振られ、少しだけ傷心女子でもある。

振られたときの最後の言葉は、
「お前と付き合ってHしかしてない。
おれ、思い出をいっぱい作れる女と結婚したい」


■あいちゃん
いつもはまみにつられてエロトークばかりだが、
まみがいないときはエロトークはしない。

どちらかと言うと奥手な女子である。

男の前ではおとなしいが、
たまらない笑顔で男を一網打尽にする。

悔しい事にこいつも乳がでかい。
痩せてるのにでかい。

遠慮気味に目立たないようにしているが、
でかい。

いやみか。


■ちあき
いわゆる私だ。

改めて説明するまでもないが、
いつもオナニーをしている。
オナニーの事を「儀式」と呼ぶのは私くらいであろう。

合コンでのお持ち帰られ率は、
0%を未だに維持し続ける猛者である。



次に男性陣を紹介しよう。

■ゆーすけ
イケメン。合コンに慣れてる。
トークがうまく、タメとは思えない話題の豊富さを誇る。

これぞ遊び人なのだろうが、
見た目が爽やかなため、まったくチャラさを感じない。

私は以前、酔っ払って、
ゆーすけに思い切りカンチョーをかましたらしいが覚えていない。

私を見るとお尻を押さえるのはこいつだけだ。


■やまつん
吉田という名前にも関わらず、やまつんと呼ばれる。
明るく、いつもニコニコしている。
いつもニヤニヤしている私とは大違いの爽やかさだ。

私としては、あいちゃんとくっついて欲しいとどこか願っている。

草食系男子だ。


■だーまえ
皆だーまえと呼んでおり、本名は知らない。
たぶん前田だと思う。

今回初めて会ったが、
とにかく優しい。
顔からして優しい。
メリットくらい地肌にも優しい。

私は今回だーまえ一択だった。


メンバー紹介が長くなりすぎたので、
また後日書くしかない。


だって面倒なんだもの。


ちあき


新しい道を歩もうと決めた日。

彼氏に抱かれないまま、
1ヶ月以上が過ぎていた。


なぜ抱かれないのだろうか。

なぜ抱いてくれないのだろうか。

なぜ私の乳は大きくならないのだろうか。


様々な憶測が脳内で飛び交い続けた。


私に原因があるかもしれない。


ある日そう思い、直接彼氏に聞こうと心に決めた。

「明日ご飯食べにいこっ(はぁと」

と全力で乙女らしさをアピールしたメッセージを彼に送る。

そのあまりの乙女らしさは、

「ご飯の後は私も食べてね(はぁと」

という本音がまるで見えていないのが不安になるほどである。


前日。

私は入念に計画をしていた。
その計画とはこうだ。


1、彼氏と会ってご飯を食べる
2、何気ない会話をする
3、ほろ酔い気分になった彼氏に思い切って言う
4、「ねぇ、Hしたくなっちゃった///」
5、ホテルへ


天才かもしれない。
アインシュタインもこの計画を見たら真っ青になるレベルだ。

完璧な計画を立てた後、私は儀式(オナ)に取り掛かった。

※注)今回、儀式の内容が本題では無いので割愛させて頂く。


儀式を終え、明日の勝負を前に、
準備万端な私はすぐに眠りについた。



決戦当日。

ここからは時間毎に起こった出来事を箇条書きにしてみたいと思う。



■19時
彼に会う。
高まる気持ち、湿った股間、
全てはこの日のために!!
という気持ちのちあきが素敵。


■19時5分
オシャレな雰囲気の居酒屋へ。
(個室とか完璧じゃないの。私を酔わせてどうするの?)


■19時15分
運ばれてくる料理。
何気ない会話。


■19時40分
ほんのり頬が赤い彼。
この後の計画のために気が張って全く酔わない私。


■20時20分
彼がいい感じに酔ってきている。
決戦間近だ。


■20時40分
多少卑猥な話になり始め、
大人の時間が始まりのベルを鳴らす。
そして私の股間を濡らす。


■21時
ここしかないと思い、私は切り出す。

ちあき
「ねぇ、この後何する?」


「んー、バーか何か行く?」

ちあき
「あ、そ、そうだね」


弱気なちあきが顔を出す。


■22時
彼のいきつけのバーへ。


■22時10分
私もいい感じに酔っ払ってくる。

すると二人の横に、
彼の友人カップルが偶然にも座る。

■22時20分
4人で話し出す。


■24時
カップルが帰り、彼が言う。


「おれたちも帰ろっか?」

ちあき
「んー、もっと一緒にいたいかな/// ホテル…行かない?」




完璧だった。
完璧だったはずだ。

私の思い描いたシナリオである。

完璧なシナリオに対し、彼はこう答えた。



















「ごめんちあき、ちあきの事好きだけど、エッチしたいとかそういう気持ち無いんだ…」















私が枕を濡らした事は言うまでもない。

そして彼とは、友人となった。




ちあき
プロフィール

オナニストちあき

Author:オナニストちあき
オナニーを極めたい。
オナニー歴15年、今年ハタチの女子大生です。
女性のオナニーはいやらしくない。
むしろもっとしたほうがいい。
そう思いながらブログを書いているとかいないとか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。