FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナ日記2日目

冬の到来と共に、私は人肌の恋しさを覚える。


毎年の事ではあるが、性欲の秋より、
私にとって儀式(オナ)の回数が増える季節だ。



私は乾燥肌だが、私の股間は常にウエットである。
いや、これはここであえて言う必要は無いか。


ウエットなジョークを書きたかったのだが…。
ある意味湿っぽくなったのでよしとする。




私は冬に儀式の回数が増えるが、
他の人はどうなのだろうか。


確かに、下半身を冷気に晒すのは、
つらい時期ではあるかもしれない。


しかし、秘部をまさぐる快感により、
体温は上昇するため、寒さ対策も私は兼ねている。



私は声を大にして言いたい。
冬こそオナニーをするべきだ!
と。





本題に入る。


今日の私の儀式は朝寝起きの状態でトイレで行った。
既に両親は仕事に行き、妹は学校に行っているため、
私は安心して快楽に身をゆだねる事ができた。



寝起きで意識がまだはっきりしていない状況でする儀式は、
時に強い快楽をもたらすことを私は知っている。



しかし、頂上に上り詰めた後、
そのまま眠ってしまう場合があるので注意は必要である。



今回は供を使う事はしなかった。
というより、寝惚けてトイレに入り、
そのまま儀式に突入したからではあるが。



もっとも、私はトイレで儀式を行う際、
前述した桃色の揺らぎ等、供を必要としない。


なぜならトイレには、流動型の供がいるからである。


彼はスイッチ一つで力強くも、優しくもなりうる。


私は彼をこう呼ぶ。
「清き流れ」と。


清き流れは、私の指先一つで、
優しい流れから猛々しい流れに自在に変化する。


私の供である彼は、5段階の変化を見せてくれる。


まるで自然界に身をおいたかのような、
優しさと厳しさを私は味わうことが出来るのである。



儀式が始まった直後、彼は優しく私を濡らしていく。
徐々に強くなる彼の刺激。


陰核とも呼ばれる私の突起物に、
彼が氾濫した川の濁流のごとく飛び込んでくる。


貯水されている部分に手を置き、
私は絶頂に向かい気持ちを高めていく。


「んんんんんっっ…!」


という声が私の口から漏れ出した途端、
私は脱力感に襲われ、強い濁流の彼は私の突起物から離れ、
私の顔を濡らし、更に儀式が行われている部屋をも水浸しにした。



清き流れこと、ビデ。


強く優しい自然のように、彼を意のままに操るのは難しい。



ありがとう清き流れ。



ちあき
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

おっきしたwww

男がここにカキコしていいか迷った末にカキコ。

すげぇ何かこう…

 いい! すげぇいい!

ついついマグナムおっきしたwww
プロフィール

オナニストちあき

Author:オナニストちあき
オナニーを極めたい。
オナニー歴15年、今年ハタチの女子大生です。
女性のオナニーはいやらしくない。
むしろもっとしたほうがいい。
そう思いながらブログを書いているとかいないとか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。