FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナ日記2日目そして2回目

オナ日記5回目にして、
大事件が起こってしまった。


これが戦国時代なら間違いなく切腹であろう。


戦国時代の人々は、何を肴に自慰にふけっていたのであろうか。
歴史的文献を読み漁るという行動力が私には無いので、
ここでは割愛する。


興味がある方は自分で調べ、
私に教えて欲しい。



話がそれてしまった。
動揺しているのは否めない。



私は本日2度目の儀式を、
気候が暖かいこともあり、
ゆっくりと楽しもうと決めていた。


秋空、ほどよい気温、火照った身体、
何とも趣のある昼下がりである。


長袖のシャツを脱ぎ、ブラのホックを外す。

まだ見ぬ彼氏が外してくれる事を思い浮かべながら、
私はゆっくりと手を動かしていくのだ。


小ぶりではあるが、そこには確かに丘が二つあった。
先端には赤茶色の木の実が一つずつ。


私は木の実を優しく弄ぶ。
小さいが、確かな快感が私の体に流れてくる。


初めはゆっくり、徐々に強く弄びながら、
私は興奮の度を増していくのだった。




少しずつ大きくなっていく快感を噛み締めながら、
私の秘部はしっとりと濡れてきている。



自室入口の横にあるスタンドミラーの前で、
私は脚を大きく開き、秘部を映し出した。



決して桃色ではないが、
艶やかに水気を帯びた花びらがそこに映し出されている。


自らのあられもない姿を鏡に映し出す事で、
私の興奮は更に高まっていった。


クリトリスと呼ばれる敏感な部分に、
私は中指を擦りつけた。


ビクンッと身体が反応し、
強い快感が私の中を流れていく。


指の動く速さと比例して次第に高まっていく興奮に、
私は今日二度目の絶頂を迎えた。


「はぁっ…はぁっ…」


自分の息遣いが、一度の絶頂では満足いかないほど、
私の気持ちを高めていく。



大きく脚を開き、
一筋の光がスタンドミラーに映っている。



光がある部分へ私は人差し指をゆっくりと挿れた。


生暖かい感触が私の指を包み、
それと同時に快感が私の身体を流れいく。


私の指は快感という魔物が住む洞窟へ、
深く足を踏み入れていく。


洞窟の天井部分に、
強い快感をもたらす魔物が潜んでいる事を私は知っていた。



勇敢にも私の指は、
魔物に立ち向かっていく。



そのときっっ…!!!!










ゆっくりと自室のドアが開いた。


そこには切なげな表情を浮かべた女がいた。


その女は、私の両親の愛の営みによって、
私の次に生まれた女である。

そう、俗に言う妹であった。



女は悲しそうな声で私に言葉を投げかけた。
「お姉ちゃん、またやってる…」





夕方になり、
少し肌寒くなった気がする。








ちあき
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

オナニストちあき

Author:オナニストちあき
オナニーを極めたい。
オナニー歴15年、今年ハタチの女子大生です。
女性のオナニーはいやらしくない。
むしろもっとしたほうがいい。
そう思いながらブログを書いているとかいないとか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。